太陽光発電見積り・資料請求

太陽光発電には将来性はあるのか?

回収までに一定の期間がかかる分これから需要が拡大していかなければ、早めに参入して先行者権益を得ても少ないパイを取り合うなんてことになりますからね。
なので本当に将来性があるかについて調べてみました!

 

 

・ビジネスとしてはどういう仕組みなの?

この太陽光発電は個人が比較的簡単にできるビジネスですが、仕組みとしてはまず初期投資が200万ほどかかります。そしてこれを回収するのに10年近くかかります。
ですが、実際にはもう少し長くかかるのではないかと思います。そのため、長めに見積もっておいた方がいいです。実際はおそらく15年ほどでしょう。そしてその期間が終われば後は永久に利益として太陽が働いてくれます。
ある意味不労所得という感じですね。自分の家の電気はすべてそれで賄って、余ったものを企業に売って所得にするという暮らしができます。

 

・将来性はあるのか?

将来性に関してですが、将来性はかなりあると思われます。それは国の事情が関係しています。国は電力会社を実質民営化し、電力自由化を推進しました。そして電力自由化が実現しましたが、新規参入企業が思ったほど活躍しません。特にソフトバンク。このようなケースは海外に多くあるケースで数年後に爆発的に電気代が高騰、大停電が発生、その後も電気代上昇という流れは定番です。その最悪のケースがオーストラリアなのですが、気になる人は調べてみてください。
そのようなことが日本政府はわかっていますので、なんとか電力の供給量を増やしたいという思いがあります。
そこで個人が供給してくれる太陽光発電を活性化させれば実質的に電力の供給量は増えます。正確には自給率が上がり、需要が増加しない、または減ると表現するのが正しいのですが。
そして政府は太陽光発電が活発に行われるように地方自治体と組んでクリーンエネルギーを支援するという表明をしました。
そのためこの太陽光発電というのは将来性は間違いなくあるビジネスです。
特に環境に負担をかけないという点が強みでもあります。

 

まとめ

日本のクリーンエネルギー戦略に一つ問題があるとすれば、それは土地が狭い、そして高い、なのに使っていない土地が多いという矛盾に満ちた事が思っているという点だけです。
ですが、これからそのような土地を有効活用しようと政府が方針を決める可能性は十分あり、それに合わせて安い土地を一気に買い、太陽光発電をすればちょっとした地主ですね。
個人でやるなら一定の土地の確保が急務になってきますので!

 

太陽光無料一括見積りサイトランキングです。
見積り請求数ランキング順です。
クレームの多い業者はサイトのペナルティ制度により排除されていますので安心!
3サイトから見積もりしても10分ほどで完了です!