太陽光発電見積り・資料請求

太陽光発電が家庭を助けるという宣伝文句は本当か?

 

太陽光発電はよく主婦でもできる簡単副業なんて言われますが、本当でしょうか?
電気に詳しくなくても本当に太陽光発電で利益を出すことができるのかを調べてみました!

 

・はじめにやることは?

 

はじめにやることは太陽光パネルの業者を決めることです。このパネルの設置費用が初期投資費用となります。
多くの場合120万〜200万程度かかります。そしてこの太陽光パネルというのは毎月利益を生み出す生産材ですので、月のキャッシュフローを計算しなければなりません。この時に設置費用でローン組んだのなら月々の支払いと電気の生産量、売価などをチェックし何年でペイできるのかを事前に計算しておく必要があります。
これは設置の規模やパネルの発電効率や設置している地域など多くの条件により大きく異なりますので、自分と似ているケースを探すよりもメーカーで初期投資費用を一括見積もりしてもらった際に、何年で返せるのかなどを計算してもらった方がいいです。

 

 

・家計を助けるレベルには稼げるのか?

 

まず、月に稼ぎたい額を考えてから逆算した方が効率的ですので、計算方法を紹介しようと思います。
(年間に稼ぎたい金額)÷FIT価格(国が定めた固定の電力売価)=一年間に必要な年間発電量(kWh)
年間設備利用率を12%と設定しシステム出力を概算する。設備利用率=100×年間発電量÷(システム出力×365×24)。
年間設備利用率(12)=100×年間発電量÷(システム出力×365×24)でシステム出力が算出できます。
少し難しそうに見えるかもしれませんが、実際簡単です。ちなみにこの計算式は有名なテンプレのような計算式ですので、一度計算してみてください。
そうすれば自分が稼ぎたい額の現実味が見えてきます。また、逆に目標を現実化させるためにはどうすればいいのかも見えてきます。

 

まとめ

 

太陽光発電の望む収益を主婦があげることはそれほど難しくもないようですね。ただ、はじめにどれだけ準備をできているのか?というのがかなり重要になってきますので、はじめにしっかりと目標から逆算して利益をどれだけ出せるのかを調べておく必要性は間違いなくありそうですね。
そして自宅の電気として使いたいという方は災害時などには緊急用として自宅の電力を賄うことができますので、災害時用として設置するのもいいかもしれませんね。

 

ペナルティ制度によるクレームの多い会社は排除してある無料見積もりサイトはこちら
太陽光発電無料見積りランキング!