太陽光発電で作った電気の売り方

太陽光発電を家に導入して電気は作ってみたけど、どうやって売ったらいいのかわからない

太陽光発電で作った電気の売り方

 

 

太陽光発電を家に導入して電気は作ってみたけど、どうやって売ったらいいのかわからないという方も多いですよね。
今回はそんな方のために簡単に電力の売り方を紹介していこうと思います。

 

 

・太陽光発電パネルって大体いくらで付けられる?

まだ、太陽光発電パネルを設置してない方もいると思うのでまずは設置に関して大まかな情報を紹介していこうと思います。
これは屋根の形や地域、メーカー、時期などにより変化するのであくまで目安として捉えておいてくださいね。
全国的な平均として設置費用は約180万円です。少し高いところだと200万くらいが相場ですね。
そして設置容量は約5kWです。kW単価は37万ほどが平均です。
そして需要なのが屋根のタイプです。屋根のタイプによって工賃は大きく変化してきます。
一番安く仕上がるのは単一面と呼ばれる屋根で俗に切り妻屋根と呼ばれる横に長く長方形の屋根です。
これは単純な作業で済むのでかなり安く済みます。
設置面が多くなればなるほど工賃は高くなり、屋根の材質が瓦だと工賃はかなり高くなります。
これは単純に作業の手順が多いか少ないかの違いでそこに使う人の数や物の種類、数などに差があるからです。
しかし、将来的には作業は完全にロボットがやってくれるようになるでしょうから工賃も数万円で済むようになるでしょうね。
現在はとにかく人件費が高すぎますので!

 

おススメ記事
太陽光発電が家庭を助けるという宣伝文句は本当か?
売電により家のローンのお手伝いをしてくれる太陽光の家。この真実に迫る!10年コースと20年コース。この意味とは?

 

・実際に電力を得るには?

実際に余った電力を売るには電力会社と契約する必要があります。売電価格に関しては国が固定価格制度を導入していますので、どの事業者も現在は同じ価格での電力の買い取りを行っています。
ちなみに現在は電力を売るよりも自宅で使用した方がお得という値段設定になっています。
この電力の販売価格やパッケージ販売などができるようになるとこの市場はもっと面白くなると思うのですが、何しろ利権が渦巻いている業界ですので、本当に個人が大きな利益を出すのは現時点では難しいという状況です。
ただ、将来的に個人でも電力の販売のみで生計が経つ社会は確実に来ます。
その時までに自分の保有する発電設備の拡張をしておくことが大きな波に乗るための方法です。
多くの発電設備を持っている場合には、幾つもの業者に分けて販売した方がお得です。
それはそれぞれの業者のサービスを同時に受けられるからです。
現在はソフトバンクを始めとする携帯電話事業会社が手探りで多くのサービスを展開していますが、いまいちですよね。
ですが、これからもっとお得なサービスを提供し始める可能性がかなりありますので今のうちに参入しておいた方が便利になります。

 

 

まとめ

電力に関しては2016年が日本の節目の年になりました。4月に電力自由化が始まり、携帯電話事業会社など多くの企業が参入し、多くのサービスを展開しています。
今はまだ、限定的なサービスであったり、富裕層向けのサービスのみを提供している業者が多いですが、一つの業者が抜本的なアイデアのサービスを提供すれば、一気に市場が盛り上がる可能性は多いにあります。
ただ、海外の多くの国々のように電力価格の高騰だけは避けたいところですが今の所、大丈夫そうですね。
多くの人が太陽光発電を導入することは電力価格の高騰を防ぐ意味でも大きな意味があります。
もし、電力価格が高騰した時のために今、自分で電力を作る仕組みを作っておいてはいかがでしょうか?



 

訪問販売の業者の見積もりとは大違い。ここで最安値の会社を見つけ、住宅ローンの乗り換えで0円で太陽光システムを設置できた方もみえます。入力およそ1分。無料見積もり利用者数100万人突破!のタイナビ。あなたの家に最適な太陽光発電メーカーは?ペナルティ制度によりクレームの多い企業は排除してある優良サイトです。しつこい営業もありません。ここまでやってくれると安心して業者選びができますね。



 

「みんなの事例」コーナーから導入例、費用や発電金額がわかります。全国のユーザーからのレポート、口コミから失敗しない。自分の家に合った太陽光発電の設置ができます。メリットばかりではない、デメリットもサイトに載せている見積もりサイトです。導入する側に立ったサイト構成となっており、太陽光発電の「知りたい!」情報が多く掲載されています。そこが価格.comの強みです。投資用としての太陽光発電物件の情報もあります。