太陽光発電関連株に投資するならいつがベスト?

今回は太陽光関連株に対しての投資はいつがベストなのかということについて解説していこうと思います。

 

今回は太陽光関連株に対しての投資はいつがベストなのかということについて解説していこうと思います。
補足として太陽光関連株への投資のリスクに関しても紹介していこうと思います。

 

・もう遅い?今、投資を行うということ

太陽光発電は政府の大きな支援もあって初めは大きな注目を集めましたが年々注目は薄れてきていますね。
しかし、株というのは下がった時に買い、上がった時に売って売却益を得るというのはセオリーです。
つまり多くの人の関心が薄れてきた今がチャンスということです。
2020年の東京オリンピックに向けて多くの商業や工業が株価を変動させている中、これからもっとも期待できるのが、太陽光関連株です。
政府は電力自由化を行ったことによって電力の供給を高めたい方向にあります。
そのため、これから太陽光に対して注目が集まることは決まっているです。
一般的には2012年に天井を迎え、そこからは下落の一途だと思われていますが、太陽光はこれからがチャンスです。

 

 

・太陽光関連株のこれまでのおまかな流れ

ここからは太陽光関連株のこれまでの大まかな流れを簡単に紹介していこうと思います。
太陽光関連株は政府の決定や海外での大きな流れに影響されやすい金融商品です。
そのため、2000年代に世界の大きな流れとしてクリーンエネルギー推進が起こった時にバブルが起きました。
多くの人はこの時に太陽光関連株がバブルで高騰しているとは気づきませんでした。それは世界的に高騰していましたし、政府も中身のある事業であるといい大きな支援をしていました。
その後、2012年には固定価格買取制度が始まり個人需要家たちが売買目的で多くの参入を果たしました。
しかし、その後は供給超過になり、電力会社が家庭で作った電気を買ってくれなくなりました。
この時に太陽光バブルは崩壊しました。
そして現在に至るという感じです。

 

まとめ

太陽光関連株はこれから2020年にかけて大きく値上がりするでしょう。
エネルギー分野の成長を促したい政府の意向を汲み取ることができる人はもう、太陽光関連株を買い漁っているのではないでしょうか?
太陽光に興味があり、資金はあるが土地がないという方は太陽光関連株に手を出してみてはいかがでしょうか?
多くの人がその魅力に気づく前に買えるだけ買ってしまえば、売った時の売却益も大きなものとなります。
太陽光発電設備を整えるためには200万から300万必要になりますので、その資金があれば十分に投資をすることができますよ!

 

http://太陽光発電資料請求見積り.com/