太陽光発電で得た利益の確定申告について

太陽光発電で得た利益の確定申告について

 

太陽光パネルで発電した電気を売買したことによって得た利益にも税金はかかります。
その税金とは所得税と固定資産税なのですが、よくわからないという方もいますよね。
そこで今回は太陽光発電に関係する税金について紹介していこうと思います。

 

 

・太陽光発電にはなぜ、所得税と固定資産税が課税されるのか

太陽光発電で得た利益は売却益として計算されますので所得税を払う必要があります。しかし、太陽光発電での所得が20万を超えない場合には所得税の対象となりません。そのため、一般家庭が太陽光発電で利益を出したからといって課税対象になる場合はほとんどありません。
しかも所得というのは太陽光発電から得た利益から必要経費を差し引いた額ですので、基本的には所得税を支払うことはないと思っていていいです。

 

基本的には太陽光発電パネルの耐用年数は17年ほどですので、これを17分割したものを経費として計上することができます。
また、維持なども経費として計上できます。
17年というのは法定耐用年数ですので、実際にももっと耐用年数のあるものも探せばあるでしょう。
固定資産税に関しては屋根と一体になっている場合のみ課税対象となります。
屋根と一体になっていない場合には課税対象にはなりませんのでご安心ください。

 

・具体的な確定申告の仕方

まず申請に必要な書類としては
「購入電力量のお知らせ」という書類、パワーコンディショナー電気代納付書、発電設備時の契約書、それに伴う契約書類を準備してください。
売電収入が一目でわかるという意味では預金通帳なども持って行くと便利です。

 

確定申告書類の作成は国税庁のHPから行います。
トップページの「確定申告書作成コーナー」という部分をクリックし、「申告書・決算書・収支内訳書等作成開始」を選択し作成を開始します。
この後に「書面提出」という部分を選択します。そうすると書面作成時のパソコンの対応環境(主にブラウザなど)についての確認ページに移りますので、チェックボックスに確認したという意味でのチェックを入れ、次へ進んでください。
次のページでは青色の枠の部分を選択してください。これは「青色申告決算書」と言われるもので事業所得や不動産所得などがある方がこの決算書に収支内訳を記入します。
そしてその後は次のページにある作成開始を選択します。
書類の作り方はこのような感じです。
この後の手順については個人差がありますのでここでは書きませんが、意外と簡単です。

 

まとめ

 

確定申告というと少し難しいというイメージを持たれる方が多いですよね。多く人はサラリーマンとして会社から天引きで社会保障や各種税金などを収めていますので、自分で申告することは面倒で時間の無駄と考えるかもしれませんが、その時間をかけるだけの価値は確実にあります。
確定申告をすることで戻ってくるお金などがあります。
また、控除が受けられる場合も多くあります。
ここで一度確定申告についてもう一度学びなおしてみてはいかがでしょうか?