太陽光発電見積り・資料請求

太陽光発電には自治体の補助制度があるって本当?

太陽光発電には自治体などの補助制度があるということを知っていましたか?
政府が太陽光発電をもっと普及させるために考案した制度なのですが、意外と知らない人は多いようです。
今回はその補助制度について少し詳しく説明していこうと思います。

 

・国から出る補助金

実はこれはもうありません。期待していた方が多いと思いますが、2014年3月に終了となりました。理由としては設置費用などの初期費用が安価になったことが挙げられるとともに地方自治体の補助金もあるため国がわざわざ支援する必要性がなくなったからです。しかし昔も一時期補助金が廃止され、その後復活したということが起きていますので、またいつ復活するかもわかりません。
また、今後も政府が太陽光発電に対して何かしらの形で支援していくことは間違いありませんので、これからの政府の動きに注目です。
現在、政府が太陽光発電に対して行なっている取り組みとしてはFIT(固定価格買取制度)、グリーン投資減税、独立型補助金の3つがありこのどれかが強化されていくというのも十分にありえます。
特に強化された方が恩恵が大きいのは間違いなくFITですが、独立型補助金が強化されると新規参入や規模拡大がしやすくなるので、その時が稼ぎどきということになります。

 

・住んでいる地域から出る補助金

太陽光発電を設置せれば自分の住んでいる地域から補助金を受け取ることができます。例えとしてここでは東京都を例に挙げて紹介していきます。
東京都の決まりでは、助成金額は「公称最大出力の合計値又はパワーコンディショナの定格出力のいずれか低い値×20,000円/kW(上限199,000円)※予算の範囲内において交付」とされています。
予算の範囲というのは東京都が太陽光発電の助成金に割り振っている補助予算総額1,000,000,000円までの金額のことを言います。
これらの金額や規定は県によって大きく異なりますので、自分の住んでいる県の助成金について一度確かめてみることをお勧めいたします。

 

まとめ

太陽光発電に関しての政府の態度はかなり前傾姿勢でしかも長い間、積極的に取り組んできました。国からの補助がなくとも十分に個人で始めやすい価格帯になっていますので、今始めるのが最も利益を上げやすいタイミングかと思います。
これからの電力販売は国内だけではなくなるかもしれませんので!

 

太陽光無料一括見積りサイトランキングです。
見積り請求数ランキング順です。
クレームの多い業者はサイトのペナルティ制度により排除されています!

 

価格が明確で安心感があること、アフターサービスが充実していること
値段も大事ですがアフターサービスのことも考えて地場の会社がおすすめです。
火災保険料が割引きになる場合があります。無料見積りで近くの家電量販店と価格、アフターサービスを比較してみましょう。
営業マンと話してみて、嫌な感じ、合わないな、という第6感も大切です。大抵その感は正解です。管理人も経験しました。
投資としても有効な太陽光発電。家の屋根だけでは無く、カーポートの上にも太陽光を乗せる商品も出てますよね。
アパート経営より初期投資は現実的な金額です。

 

一戸建て住宅・マンション・アパート一棟・法人・産業用施設・空き地など立地条件別で調ぶることができる

サイトです。ここで見積りをして、太陽光発電を設置した人の『お客様アンケート』が参考になります!入力およそ2分。
現在の太陽光システムの相場が分かり、地域の販売店を見つけることができます。自分の地域の補助金情報がわかります。この補助金情報は良いです。郵便番号を入れるだけで、自分の地域は設置の為の補助金がいくら出るかすぐ分かります。サイトには申込みは2分で完了!と書いてありますが、本当にほぼそれくらいです。


 

訪問販売の業者の見積もりとは大違い。ここで最安値の会社を見つけ、住宅ローンの乗り換えで0円で太陽光システムを設置できた方もみえます。入力およそ1分。無料見積もり利用者数100万人突破!のタイナビ。あなたの家に最適な太陽光発電メーカーは?ペナルティ制度によりクレームの多い企業は排除してある優良サイトです。しつこい営業もありません。ここまでやってくれると安心して業者選びができますね。



 

「みんなの事例」コーナーから導入例、費用や発電金額がわかります。全国のユーザーからのレポート、口コミから失敗しない。自分の家に合った太陽光発電の設置ができます。メリットばかりではない、デメリットもサイトに載せている見積もりサイトです。導入する側に立ったサイト構成となっており、太陽光発電の「知りたい!」情報が多く掲載されています。そこが価格.comの強みです。投資用としての太陽光発電物件の情報もあります。