太陽光発電見積り・資料請求

太陽光発電を導入するメリット・デメリット

太陽光発電にはメリットとデメリットが明確に存在します。特にデメリットに関してはしっかりと理解しておかないと後でこんなはずじゃなかったということになりかねませんので、これから紹介するデメリットについて特に注意して読んでみてください。

 

・太陽光発電のメリットは個人でもビジネスができるという点

 

太陽光発電の一番のメリットは間違い無く、個人で電力ビジネスができるという点です。初期投資の資金を準備して場所を準備して運営し初期投資を回収つまりペイさせ、そこからの利益とランニングコスト(運営費)を計算し家計に利益をもたらし余った電力を業者に売るという立派なビジネスを家にいる主婦ができるのです。
そして発電により得た利益で安い土地を買い、そこでも初期投資を行い、太陽光パネルを設置し利益を倍々ゲームで増やしていくということが実際に可能なんです。特に国内の電力自由化により電気に対しての需要が拡大し、政府も電力自由化により需要の集中が引き起こす電力価格の高騰を恐れ、電力の規制緩和と太陽光発電及びクリーンエネルギーに対しての補助拡大をすることはわかっているため、かなり成功させやすいビジネスと言えます。

 

・やっぱり存在する業者が絶対に表では言わない太陽光発電のデメリット

 

太陽光発電を始めようとすれば業者を利用することになります。その時に業者に対して太陽光発電のデメリットを聞いても無意味です。
うまくわかりづらいように説明する訓練がされていますので。なのでここからは太陽光発電を行うことのデメリットに関して紹介していこうと思います。
まずは、太陽はずっと24時間365日出ていることは絶対にないという事実です。これは当たり前と思うかもしれませんが、意外と盲点です。業者からの説明などでは仮定として24時間365日太陽が出ている場合の発電効率つまり生まれる利益について話されます。
この時にその土地柄や気候などに関して自分で調べ本当の発電効率を計算しておくことが求められます。
次は回収にかかる期間です。これは土地柄がかなり影響してきますので、正確には言えませんが、目安としては7年〜12年と考えておくといいでしょう。
もし早く回収したいという方がいましたら以下のことに気をつけてください。
設置する土地の1日の日照時間、パネルの枚数、方角、住んでいる地域、晴れの日と雨の日の平均的な日数、初期投資額の確認及び調整。
これらのことをしっかりと考えてから設置すれば初期投資までの回収期間は確実に短くなります。

 

『メリット』として合わせて読む

太陽光発電には自治体の補助制度があるって本当?

 

太陽光無料一括見積りサイトランキングです。
見積り請求数ランキング順です。
クレームの多い業者はサイトのペナルティ制度により排除されています!

 

価格が明確で安心感があること、アフターサービスが充実していること
値段も大事ですがアフターサービスのことも考えて地場の会社がおすすめです。
火災保険料が割引きになる場合があります。無料見積りで近くの家電量販店と価格、アフターサービスを比較してみましょう。
営業マンと話してみて、嫌な感じ、合わないな、という第6感も大切です。大抵その感は正解です。管理人も経験しました。
投資としても有効な太陽光発電。家の屋根だけでは無く、カーポートの上にも太陽光を乗せる商品も出てますよね。
アパート経営より初期投資は現実的な金額です。

 



 



 



 

 

まとめ

これからの時代は、雇用される側ではなく自分からビジネスを生み出し自分でお金を生み出せる人間が多くの富を得る時代と言えます。
特に年金などが確実にもらえない世代は言わなくてもわかると思います。そんな世代の人は収益基盤を築くことを急いだ方が将来的に余裕が生まれます。
先行投資として太陽光発電に多くのお金を投入しておくというのは建設的な判断です。