太陽光発電見積り・資料請求

効率的に太陽光発電で発電をする方法

 

太陽光発電をする際には発電効率が良い方法と良い製品で発電しなければなりません。初期投資の回収に時間がかかる太陽光発電だからこそ、発電効率については無視できません。

今回はそんな発電効率について説明いたします。

 

 

・メーカーと製品によって発電効率には差がある?

 

これは結論から言えば差は確実にあります。セル変換効率記録という要は性能のようなものを表した指標があるのですが、そのデータではパナソニックがトップで年々上昇傾向であり、それに続くのがサンパワーです。
そして住宅用で太陽光パネルを設置したいという方には住宅用多結晶パネルがオススメです。これを設置すれば初期投資額を抑えることができます。
その時にチェックしてほしい企業としては「インリーソーラー」「東芝」「シャープ」「京セラ」「富士プレミアム」の5つの会社です。
この中でのインリーソーラー社製のYL280C-30bです。これは出力210Wで効率は16.2%という数字を出しています。
もし、パネルの種類を沢山ある中から選びたいという方には京セラがオススメです。京セラはパネルの種類には自信を持っている会社でサイズや形状などに関しては京セラ独自の路線を見出しています。

 

・パネルの大きさと形によっても発電効率は変化

発電効率について一般的な人が考えるには立地ぐらいですよね。あとはパネルを設置する規模そして少し頭のいい方は方角や1日の日照時間、年間降水量などですよね。
しかし一口にパネルと言ってもパネルの大きさには違いがあります。そして形も実は違います。多くの方はこのことを意外と認識していません。当たり前ですが、大きさも形も違えば発電効率に影響が出ます。
ちなみに発電効率という言葉を使う際には実はパネルを設置する時の規模などは関係ありません。一定の広さあたりの発電量が高ければ発電効率がいいということになりますし、悪ければ発電効率が悪いということになります。

 

まとめ

効率的に太陽光発電で発電する方法の結論は製品選びです。このどの会社のどの製品にするのかで発電効率は大きく変わり初期投資の回収期間も大きく変化してきます。
そのため、まずはどの企業の製品にするのが最も適切なのかを自分の土地の条件から考えてみてはいかがでしょうか?
発電効率は製品の要因と外的要因の二つが大きく影響しあっていいますので!

 

 

おススメ記事・読んでみてちょ!
太陽光発電には将来性はあるのか?

 

太陽光無料一括見積りサイトランキングです。
見積り請求数ランキング順です。
クレームの多い業者はサイトのペナルティ制度により排除されています!