太陽光発電見積り・資料請求

太陽光発電のこれまでの歩み

 

太陽光発電の未来を予想するには過去から現在までの歩みをもう一度振り返った方が確実で早いですので!

 

・太陽光発電は鳴り物入りで土俵入したが!

 

太陽光発電が始まったのは1993年ですが、この時の太陽光発電ブームは凄まじいものがありました。まるで世界を変えるかのような文言が新聞、ニュースにならび多くの人はこれで資源に困ることはない。日本は世界は資源戦争に勝ったんだ!と思いましたが、そう思った矢先に太陽光発電の設計上の粗が多く露呈してきます。
知らない人も多いと思いますが、当時は導入するのに非常に莫大なお金がかかり導入する人はほとんど技術的ギークか企業などで電力関係が好きな資本家という意味のないものでした。
そして今でもそうですが、初期投資の回収までに時間がかかりすぎるという太陽光発電特有のデメリットもありました。
しかし1994年ごろには徐々に価格が下がり始めましたがそれでも高かったために政府は補助金制度を開始しました。
政府はここまでして何とか太陽光発電事業を成功させたかったのです。それは2016年の今でも変わりませんが。
しかし2006年〜2008年には補助金が一時撤廃。これは価格がだいぶ下がったからだと政府は説明しています。

 

・補助金が復活したのち

 

2009年からは政府は補助金を復活させました。さらに政府が主導で普及支援を行います。このころからが一般的にやっと導入されるようになった時期です。
2009年以前は電力を企業に売るときの売価と買価が同じで利益がゼロです。もはやボランティアですね。
そして2009年が太陽光発電にとってかなり重要な年になります。それは太陽光発電によって利益を創出できるようになったのです。
それは今までの売価の何倍もの価格で企業に対して売れるようになったからです。この時から太陽光発電は急速に広がっていきます。
そして今に至るという感じですね。ちなみに現在は売価はそれほど高くないです。

 

まとめ

太陽光発電は見切り発車の電車に国民を強引に引き込んでスタートしたビジネスという感じで始まりは最悪でしたが、国が数年本気で取り組んだため現在は一定の安定したビジネスモデルへと昇華しています。
これはこれからの伸び率に期待を持てるということですね。

 

太陽光無料一括見積りサイトランキングです。
見積り請求数ランキング順です。
クレームの多い業者はサイトのペナルティ制度により排除されています!
見積りをして、もし、しつこい勧誘がありましたら、サイトに報告してください。